20191022

油断してると2か月以上空いてしまうな。

FE風花雪月の2周目も半ばですが、ドラクエ11Sをやってます。実は本編ナンバリングをやるのは今回が初。今までモンスターズの1と2しかやったことなかったので。まだ序盤もいいところだと思うのでゲーム的には特に、といったところですがキャラとBGMが良い。

Switchのファンが異音を出し始めまして、修理に出しました。ただ間が空くのが嫌だったので元々買う予定だったバッテリー持ちの良い新型を少し早めに買うことに。まさかポケモンデザインのLiteよりも早く来るとは思ってなかった。修理に出した方は置いといてもしょうがないので人に譲る予定。

今週BloodstainedのCS版がいよいよ発売、来週P5Rとルイージマンション3(今のところP5R優先でやる予定)、11月15日はポケモン…積みゲー、崩れる気配がない。

20190805

FE風花雪月がめちゃくちゃ面白い。事前情報をほとんど入れない状態で発売日を迎えたくらいだったので正直なところそこまでの期待はしてませんでした。同じくあまり事前情報入れてなかったエコーズにのめり込んだのでそのくらい面白いといいな、とかそのくらい。

かといって最初から何から何まで面白かった、というわけではなく。正直一日の行動選択で何を選ぶべきか判断つかないし、最初は散策ばっかりしていたらレベルがちょっと足りなくて仕方なく戦闘に出てみたり。

ただ、段々とカレンダーの見方がわかってくるとどの行動を取るべきかわかってくるようになります。来週は限定討伐イベントがあるから今週は散策で採集やクエストをこなそう、みたいな。というか講習をほとんど使わなかったのでほとんどそれだけなのですが。自分自身の技能経験値が低いので後でもう少し活用すべきかな、とは思いました。この辺りは本当に進めてみないとわからないですね。周回するのであればその辺りは意識してやります。

教育に関しても同様で、技能と職の相関がわからなかったので最初はデフォルトの目標に合わせて教育を進めていたのが、段々と自分が就かせたい職に合わせて教育を進められるようになります。あとは行動選択と同じくもう少し早いうちからこの技能を伸ばしておくべきだった、気づきが出てきたり。

戦闘についてはカメラの関係で最初はちょっと動かしづらいなと思う場面もありました。具体的に言うと、やや斜めから見下ろす形のカメラワークで、キャラクターの上部に各々のアイコンが出るのですが、この角度のせいで実際に動かしたいキャラクターと自分が合わせるカーソルが縦方向でずれる。カメラ自体は角度や拡大率を変えられるのでそこを調整すれば問題はないのですが、デフォルト設定に関してはもう少し調整してほしかったですね。

あとは基本的にはいつも通りです。三すくみがなくなっていたりと武器周りでの変化はありますが、自分の場合は守備固いやつ前面に出しておびき出してから一気にガガーッと攻めるのが基本。あとは指揮能力のあるキャラは計略が使えるので、主に魔獣戦でうまくこの辺りを活用する方法を考えながらやってます。これが結構楽しい。計略に関しては攻撃の場合、一度の出撃で使えるのがだいたい1-2回なのでボンボコ使えないんですね。魔獣の場合はHPを削ったあとのストックがあるので一回で削りきれないようであれば攻撃できない状態にひるませるようにする、とかとか考えることは結構あります。レベル上げには結構便利ですね。普通の兵混じってると面倒になりますが。

そんな感じで最近はどっぷりと遊んでおります。今回は学校が舞台で、日常と戦闘を交互に行うことでキャラへの思い入れが必然と強くなります。なので学級選びも結構悩みました。個人的に女性キャラがいいなと思うのが多い学級と、全体の中で「これだ!」と思ったキャラがいるクラスが違ったからです。結局選んだのはエーデルガルトの黒鷲の学級にしました。一番いいなと思ったのは青獅子の学級のメルセデスなんですが、結局スカウトして一番最初に支援S直前までにしました。尚、青獅子の学級からは女生徒全員スカウトしました。ごめんなディミトリ君、だから5年後あんなことに…。ちなみにクロードの金鹿の学級からはスカウト0でした。それはそれで何か申し訳ない。

女性キャラの話ばかりになってしまいましたが、自分の学級の生徒は男女問わずどんどん愛着が湧いてきてしまいますね。シナリオ上の全員バラバラに喋り始めるような流れは見ていて微笑ましい。他の学級はまだ見てないので結局どこを選んでも同じような感想にはなる気もしますが、ここの学級を最初に選んで良かったなあと思ってます。

プレイ時間が40時間を超えて第二部も多分中盤あたりになりますが、クリア後もやることは山程ありそうなので今から楽しみですね。追加コンテンツも買いました。行動中は大体学生服で走り回ってます。なんだこの教師。

自分はノーマルのクラシックで遊んでますが、フリー戦闘のレベル上げでなんとかできてるって感じなのでハードは結構きつそう…。ただそういった意味では歴代シリーズ経験者から、初めての人まで楽しめる作品だと今回は特に思います。経験値保持で再戦闘とかもできるし。私自身、3DSの覚醒から入ってifは積んだままエコーズを遊ぶ…といった感じなので実質今回は3作目。据え置き機という意味では今回が初めてですね。その程度ではあるのですが、シリーズ好きにもこれから遊ぶ人にも、今一番おすすめしたい一本です。

20190726

主に作業用のマウスとキーボードを買いました。いわゆるエルゴノミクスとかそんな感じのやつ。なのでどうしてわざわざ記事をこさえているかというと、試し打ちです!!!マウスはまあ触っていればどうにでもなりますが、キーボードについてはどうしても慣れが必要になってくるとは思いますので…。

Bloodstainedはちょこちょこ実績の解除を進めております。悪魔図鑑埋め終わって、敵から取得するシャードを一通り集めたのであとは錬成のみ。ただその後長い長いアイテム集めが待っておりますね…。そうこうしているうちにFE風花雪月の発売日も来てしまいました!どうする!そういえばパッケージの日本発売日が決まったそうですね。バッカーではないので両方買って穴埋めしたつもりになる気でいます。

ここまで書いていて少しキーボードの手触りにも慣れてきたので今日のところはここまで。気づいたのは私はGのキーとBのキーを右手で打つ癖がついていたのでそこのところだけ慣れるのに時間が掛かりそうです。あとは問題なしかな。おしまい。

20190722

公開日に天気の子を見てきました。公開前はタイアップCMがあまりにも多すぎて若干しつこいなあとも思ってしまったくらいだったのですが、まあ見てみたらどうでもよくなりましたね。街並みとか水の表現とか空模様とか映像がまあすんごいのが立て続けにボンボコ来ますのですごいです。語彙が貧弱すぎる。お話は結末の辺りでちょっと気になりとこもありましたけど多分私の理解が及んでいないだけと思うことにしています。褒めてんだか微妙なんだかわかんない感想になっちゃいましたが十分満足行く内容でした。

Splatoon2のファイナルフェスはえいえんに届かず。しかしながら久々に遊んで楽しかったです。もう2年経ったんだなあ。

体調が芳しくない。

20190715

Bloodstainedをひとまずクリア。マップ埋めまで終わりました。途中ヒント無しだとわかんねえって箇所が2箇所出てきて、1つは人に聞き、1つは攻略をちら見するという感じで突破しました。なんで攻略を見たかというとボスを倒す順番を間違えていて、自分が持っているシャードの存在を忘れていたからですね、ガハハ。

そんな感じでわかりづらいなあってところもありましたが、やっぱり面白かったですね。久々にガッツリ遊べたので満足。あとはせっかくなので実績を埋めていきたいところ。Kickstarterで支援していない(経済的に余裕がない時期でした)のでとりあえずSwitch版とPS4版も買う予定です。Switch版は30fps言われてますしわざわざ起動するか微妙ですが…。

映画の話。ミュウツーの逆襲EVOLUTIONとトイ・ストーリー4を見ました。ミュウツーは元をそのままベースにしつつもBGMで違和感なく最近のものが入ってきたり、技も少し最近のものが混ざっていたりといい感じのリメイクで良かったです。トイ・ストーリー4は面白かったんだけどもネタバレを避けつつ個人的に気になったところを言うと、おもちゃの人への過干渉でしょうか。見つかってはいけない大原則は守りつつも、終盤の辺りはちょっとやりすぎに感じてしまいました。あと結末は賛否わかれそうですね…。自分も正直少し複雑な気持ちではあります。

20190707

・彼方のアストラ

アニメが始まって面白かったのと、本屋に5巻セットが売ってたので購入、そして読了。えっと、めちゃくちゃ面白かったです。テンポよく進む会話とストーリー、逆転に次ぐ逆転の展開、丁寧に張り巡らされて回収されていく伏線…。あと何よりどのキャラクターもとても魅力的。女の子はどれもかわいい。とにかく一気にガガーッと読み終えてしまいました。連載開始した頃途中までは読んでいたのですが、なんでか追わなくなってたんですけどなんで追わなくなったんだ?と思うくらいでしたが一気にこの話を全部読めたのはそれはそれで良かったかもしれません。自信を持って人に薦められる作品です。全5巻なので!是非!

劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(音出る)

ドラマ版も見てたので。映画の尺でどうまとめるのかなあと思ったけど無理なくきれいにまとまってて良かったです。ドラマは原作のブログ寄りで全体的にゆるい感じで面白かったんですが、映画は2時間という長さの中で笑いも入れつつ終盤はシリアスな雰囲気に全振りしてたりとメリハリつけていたのでこっちもまた別の面白さ、良さがありました。なんかフラっと何も考えずに見に行きましたが結果良かったです。ちなみにFF14どころかFFシリーズ未プレイなのは内緒。

20190704

■買った

・鬼滅の刃(16)

・呪術廻戦(6)

昨年末頃から週刊少年ジャンプの定期購読を始めまして、特にお気に入りのものについては単行本も買っています。しかしやはり週刊誌は単行本出るまでが短いね。あと今月は違いますけどハイキューなんかも。最近はDr.STONEを買おうか悩んだりしており…。Kindleは気軽にスッと揃えられてしまうのでかつては頑なに物理派を貫いていた自分もなんかその辺りのこだわりが薄れてきています。単純に置き場所が減ってきているという問題がまああるわけですけど。

ただ特にお気に入りだったり今まで紙で買っていたものは引き続き紙媒体のものを買っています。SPY×FAMILYをジャンプ+で読んでて面白いし気に入っていたので買おうとしたら帰りはもう本屋が閉まってる時間でした。明日買おうと思うの。

20190703

LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-

GYAOで今日の23:59まで無料だったので見てました。全く存在すら知らなかったんですが面白かったです。尺そんな長くない(60分)けどいい感じにまとまってました。調べたら今年の4月に公開してたとのことでそんな時間も経ってなかった…。無料配信なかったら完全に知ることなかった気がします。良かった良かった。

20190702

今年も早くも半分が終わってしまい…これ書いてる時点で昨年のウン倍記事書いてるのも変だな。1記事しかなかったから当然ではありますが。

平日にもうちょっと色々やりたいんだけども最近は帰ってからすぐ一度横になってしまうくらい疲れやすくなってて早くも老いを感じずにはいられない今日この頃。先が思いやられる。

職場環境に少し変化があってしばらくは心身共に安定しなさそうです。どうにも順応性が低いのはもうしょうがないのでうまい具合に様子を見たいところ…。

Bloodstainedが遊べる環境はできたのでちょこちょこ遊んではいるんですが、まとまった時間が取れないとなかなか進まないですね。とはいえやっぱり面白いですよ。ゆっくりじっくり遊んでいきたいところ。

せっかくノートPCも買ってデスクトップもビデオカード変えるだけじゃなくてメモリ増設もして以前と比べると環境も整ったので、何かしら手をつけたいなとは思ってます。とはいえその何かしらが漠然としているのでこのままだとまた今まで通り惰性で何もしないままになりそうですが…。

なんかこう以前より一つのことに対する熱量だったり集中力が足りないような気がしていて、そこまで広くないとはいえ以前より若干興味の範囲が広がったことで逆にどこにもつかず中途半端な感じがしてます。考えすぎかなあとは思ってますが。こんなもんかなあ。

20190630

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- の通常振り返り一挙上映に行ってました。キンプリ1作目、2作目とSSSのⅠ章からⅡ章までを続けて。夜中に。終盤眠いながらも覚醒させられてなんかもう言葉でどう表現すれば良いかわからないようなやばい状態でした。めちゃくちゃ面白かったです。あと開始前の舞台挨拶が良かった。

そんなこんなで全くこの週末はゲームが進まず…。そろそろ引きこもる日を作りたい。